ヤマハ DT200WR

SOLD OUT!
ありがとうございました。



☆ これまでの整備内容 ☆
  オイルポンプを分解清掃し、シールやガスケットを交換しました。

この部品のオイル吐出口は細い上に
ワンウェイバルブ付きで詰まりやすいので点検しておきます
ウォーターポンプのシールを交換し
水の通るスチールパイプの錆び落としと内部清掃。
冷却水とギアオイルも新しいものに入れ換え。

ついでにクラッチの磨耗状態をチェック。まだまだイケる状態でした。
ラジエターキャップも新品部品に交換しました。

回り止めのしっかりしたステーに時代が現れていますが
手をかけてバイクを作っていたことを感じさせます。
 オイルホースは硬化していたので弾力のある新品に交換。

エンジンオイルも念のために新しいものに入れ換えました。

 
排気口から見たシリンダー内壁。
目立つキズはありません。

クロスハッチも綺麗に残っています。
ピストン側面。
大きな縦キズ等はありません。

圧縮漏れもまだ少なめです。
 車載工具が残っていました。

ほとんどサビもなく、まるで新品のような状態です。
袋も硬化せず破れもないグットコンディション。
経過した年数を考えると信じられません。

キャブレターのフロートチャンバーと
トップキャップのOリングを交換しました。

ガソリンやブリザー等のチューブ類も交換。
タンクのコック部のOリング等も新しいものと取替えました。
リヤブレーキのキャリパーシール
マスターシリンダーのインナーキット、ブレーキホース等を
新しいものに交換します。

ゴム類の弾力はまだ有りますが
劣化したブレーキオイルとサビで内部には汚れが堆積していました。

キャリパー内部はピカピカでとてもきれいな状態。
シール溝内にもサビや汚れはありません。

ピストンも磨耗等なく、グットコンディション。
ブレーキホース内にはサビやオイルの堆積物が溜まり
全線内を掃除しきれませんので新品と交換です。

ブリーダーニップルはガソリンタンク用のサビ取り剤に漬けて
内部まできれいにしました。

バンジョーボルトは内側のサビがひどかったので交換。
フロントブレーキも分解整備。

マスターシリンダーのインナーキットを交換し
リザーブタンク内を清掃。
キャリパーシールも交換しました。

それぞれの内部状態は大きなサビもなく良好でした。

フロントのブレーキホースも内部の清掃が難しいので
新しいものに交換しました。

バンジョーボルトも新品です。
キャリパー本体も磨いてきれいにしました。
プラグやエアークリーナーも新品に交換。

エンジン音を聞いているとテンションアップ。

こんなに好コンディションのDTは
もうまず出てこないでしょうからね。
※予告なく仕様を変更する場合があります。